ウッドデッキと薪ストーブがあるA棟はアウトドア派!B棟との違いがわかる、ひのき山荘対馬A棟ツアー!

この記事は約6分で読めます。
A棟正面

ひのき山荘対馬のコテージは2棟あり、それぞれA棟B棟と区別しています。

A棟が建てられたのはおよそ10年前。B棟が約5年前です。

ここでは、初代コテージA棟の魅力とストーリーを語ります!

A棟ストーリー

A棟は、今から10年前にコテージ敷地内に最初に建った建物です。もともとは、オーナーが住居用に建てて、実際に生活していました。実は、海が見える土地に家を建てて住むのが長年のオーナーの夢でした。しかし、建てたコテージをそのまま活かして宿泊施設を営んだ方が、この土地を活かせる!と信じ、奥の敷地内に住居用のログハウスをもう一つ建てて、最初の住居をコテージA棟にしました。

なので、A棟では生活がそのままできるくらいに細部まで丁寧に作られているんです♪

広さは1階とロフト部分合わせて27㎡です。

畳敷きのロフト(A棟B棟共通)

畳敷きのロフトは珍しいですよ!

B棟にも共通するのですが、A棟には畳敷きのロフトがあり、ゲストの方がお休みになるスペースとしてお使いいただけます。

ロフト部分は7.5帖あり、シングルベッドが1台と、お布団が最大で3組敷けます。

大人4人までロフトでお休みいただけます。

5人以上のお布団は1階に敷いていただいています。

ロフト×畳敷きなのが、コテージの大きなポイント!

フローリングではなく畳敷きので、布団を敷いても寝心地が良いんです♪

ロフトに続く階段(A棟B棟共通)

階段はなぜかワクワクします♪

これまたB棟にも共通するのが、ロフトに続く階段!

ホテル滞在では体験できない、一棟貸しならではのゲスト専用階段が、意外にも大人気。

A棟は、玄関開けたら正面に階段が見えるので、お子さんはもちろん、大人も玄関開けたらすぐに登ってみたくなる(笑)ワクワクな階段です!

家電完備(A棟B棟共通)

エアコンは2台ついてます♪

こちらもB棟にも共通するのですが、A棟には生活に必要な家電をセットしてあります。

冷暖房、冷凍冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、給水機、炊飯器、コーヒーメーカー、洗濯機、ウォシュレット、ドライヤーなど、大抵の電化製品が使える状態ですので、ご滞在中にストレスなくお過ごしいただけると思います。

給水機を設置しました!お水も無料で提供しています。

お風呂とトイレは別(A棟B棟共通)

システムバスは冬もあったかい♪

コテージ内のお風呂とトイレは別なので、複数人でも混雑しにくいのが良いですね。

お風呂はシステムバス、トイレはウォシュレットです。

ウォシュレットトイレ

8帖のキッチン付きリビング

キッチン付。お鍋もお皿も全て揃ってます。

キッチン付きリビングは約8帖の広さです。

座卓に座って食事ができます。室内用チェアを一つセットしてあります。

海が綺麗に見える角度

東側の海に面しています

A棟のウッドデッキに座ると、目の前に海が見えます。実は、ここからの眺めが一番綺麗に海を眺められるポイントなのです。最初に建てたときに、建物の角度が絶妙な角度で向いたため、海を向く角度になったのだそう。

A棟に泊まったら、ぜひウッドデッキでひとときを楽しんでもらいたいですね。

冬には薪ストーブ設置!

だるまストーブ!

冬季(12月~翌年3月)は、A棟にのみ薪ストーブを設置しています。完全なオーナーの趣味ですが・・。

薪ストーブを設置していても、今までは使う人が多くはなかったのですが、近年のアウトドア志向で焚火や炎に対する趣向が高まってきたため、薪ストーブ狙いでA棟をご予約いただくゲストの方が増えました!

焚き付け資材と補充用薪がセットされている薪BOX

A棟の裏には薪置き棚を設置し、A棟室内にも、薪をくべるためのBOXがセットされています。薪をくべながら、友達と語る冬の長い夜を楽しんでほしいです!

2024年追記:近年のアウトドアブームによりA棟の薪ストーブを楽しむゲストが増えました、、ですが、都会派のゲストさん達は慣れないのか手が出ないご様子・・・。

そこで、このページで薪ストーブの着火方法を伝授いたしますね!

薪ストーブのご利用手順

A棟の薪ストーブ。奥の木箱が薪セット。

冬季になると設置される薪ストーブ。薪の香りが部屋中にたちこめて、たまらないんですよ♪

薪ストーブの左に木箱が見えますね。この中に焚きつけセットが入っています!

薪ストーブの焚き付けセット

みどりの葉っぱのようなものが左に見えていますが、これも焚き付けに使います。この焚き付けを失敗すると煙だらけになって、なかなか火がつかず温まりません。上手に焚き付けを行うためには、ストーブの中にセットする順番があります。

薪ストーブをオープン。

ストーブの扉を開けると、底が網目になっています。つまり空気が上がりやすくなっている構造なんです。火がつくと気流が上にのぼりますから、これを上手く使います。

まずは一番燃え尽きにくい木材をセット。

木箱を開けると右にセットされている木材を底に2~3本入れます。気流が通りやすいように隙間を作っておくのがポイント。でもそんなに難しいことではありません。

緑のふさふさを上に。

木材の上に焚きつけ材を乗せます。これも2~3本でよいでしょう。焚きつけ材は、時期によって違います。杉の葉を使うこともあります。

チラシ類をくしゃっと。

次に、焚き付けセットの中にある紙類をくしゃくしゃしながら上に重ねます。この時はA4サイズのチラシ6枚程度入れました。

軽い木材を重しに。

先程の段階でも火はつきますが、紙類がすぐに燃え尽きてしまうと、下の焚きつけ剤に火が燃え広がらないリスクが多少あるので、重しの為に軽めの木材を2本セットしました。

これでセット完了です。

あとは、近くにセットしているマッチを擦って紙類にぽとんと落とすだけ。

すぐに赤々と燃えるでしょう。

灰受け

火がついたら、あとは薪を15分~20分ごとにくべながら火力を維持します。上の画像は、気流を強くして火力を調整するための蓋です。セット時は閉じていますが、このようにずらせば火力を強くすることができます。火力を弱めたい場合は、反対に閉じると良いです。

ウッドデッキでつしま時間を過ごす

海を眺めながらぼーっと過ごしてみてください

A棟のウッドデッキを最大限に活用しましょう!

海を眺めながらぼーっと過ごすのは、何よりも贅沢な時間の使い方ですね。

夕食の時間をウッドデッキで過ごして、気心の知れた友人としみじみ食事をする貴重な体験ができます。

朝、小鳥のさえずりや木漏れ日の中、ウッドデッキでドリングを飲むのもいいですね!

ウッドデッキでバーベキューも可能です。

3~4人まででしたら、ウッドデッキ上でミニコンロや七輪などを並べてまったりとバーベキューをお楽しみいただけます。それ以上の人数は、ウッドデッキの下にチェアを並べていただけます。

(近隣住居にご配慮いただき、夜9時までに室内にお戻りいただくようお願いしています)

ペットが泊まれる

ひのき山荘対馬のA棟は、対馬で唯一ペットと泊まれる宿泊施設です。

(ただし、トイレトレーニングをされているペットに限ります)

詳しくは「料金とキャンセルポリシー」をご参照くださいね。

何人泊まれる?

A棟へは、最大で5名様まで宿泊可能です。ロフト部分に4名分、リビング部分に1名分のお布団が敷けます。

もちろん、5名様までは快適にお過ごしいただけますが、推奨としてはロフト部に収まる4名様です。

B棟より宿泊コストを抑えられる

A棟は、B棟よりも室内面積が小さく築年数もあるため、宿泊料金がB棟よりも低く設定してあります。滞在予算等を考慮されてA棟を選択される方もいらっしゃいます。

まとめ

今日の記事は参考になったでしょうか?対馬観光のヒントになれば嬉しいです!

当宿泊施設「ひのき山荘対馬」は、「友達の別荘に来たかのような気楽さ」を味わえる一棟貸切型コテージです。島旅を対馬で満喫したい方にぴったりのお宿ですので、ぜひご検討くださいね!

ひのき山荘対馬について知りたい方はこちらへ。

また、管理人せりにゃんは対馬観光ガイドも受付中です。

大人気の対馬オーダーメイド観光についてはこちら

コメント

GoogleTranslate »
タイトルとURLをコピーしました